DXこそが人材派遣業の競争で生き残るための唯一の方法

2021年7月29日

契約編

  • 契約管理が完全ペーパレス化するクラウドでの電子契約


人材派遣の業務において、最も気を遣い、かつ手間がかかるのが契約に関する業務ではないでしょうか。センシティブで負担の大きい契約業務も、DXを実現すれば確実にミスを減らせるだけでなく、業務の効率化もはかることができます。

STAFF EXPRESSでは各種のコンプライアンス帳票を出力できるだけでなく、レイアウトのデザイン変更やパターン化も容易で、法改正にも対応したテンプレートの利用が可能なため、それぞれの人材派遣会社にとって使いやすい帳票を自由に作成できるでしょう。

さらに、2020年10月に電子帳簿保存法が改正され、電子取引される書類の電子保管が可能となったり、2021年1月の派遣法改正を受けて労働者派遣契約書の電子化が解禁されるなど、人材派遣業における契約の電子化が不可避のものとなりつつあります。

STAFF EXPRESSのDXでは、PARTNER上に過去分の契約書類を正確に保管することで、常時契約内容が確認可能という安心感を人材派遣先に与えられるとともに、スタッフに対してもNEOを通じて労働条件通知書をオンラインで公開することで、人材派遣会社とスタッフ双方の条件合意までをワンストップで管理できるのです。

契約に必要となるあらゆる書類の完全ペーパレス化を実現し、クラウド上での電子契約をも可能とするのがSTAFF EXPRESSのDXであると言えるでしょう。

STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)の詳細はこちらからご覧ください