人材派遣で前払いが一般的になった理由とは?他社との差別化はどうすればいい?

2020年3月27日

フレックスタイムやテレワークなど働き方の多様化が急速に進んでいます。働き方の多様化が進むことで、勤務時間や労働環境・福利厚生などを含む、自分のニーズにあった働き方を選択する方が増加していますね。

そのなかでも、特に人材派遣会社が導入している「前払い」制度はスタッフからの需要が高いようです。もちろん、前払いを利用する方の経済状況は千差万別ですが、貯蓄が少なくて直近の生活に困っている方、病気や冠婚葬祭などの急な出費がかさんでしまい支出が1ヶ月の収入を上回ってしまったという方から、「非常に便利だ!」「前払い制度に助けられた!」と注目されています。

人材派遣における給与前払いとは?

では「前払い」について、少しご説明しておきましょう。

「前払い」とは、すでに働いた分のこれから得る予定の給与を給料日前に支払ってもらうシステムです。この制度を取り入れている人材派遣会社であれば、誰でも利用することができますが、前払いといっても給与の全額を受け取れるわけではありません。多くの人材派遣会社では給与の7割前後が前払い金額の目安となっており、元々設けられている給料日にはその金額を差し引いた残りの差額が給与として振り込まれるといったシステムとなっています。

派遣スタッフには、この「前払い」制度のニーズが非常に高いことをお伝えしましたが、近年では、この制度が利用できるのかできないのかという条件が、人材派遣会社を選ぶ際の決め手となっており、「前払い」の有無で採用率も大きく左右してしまいます人材派遣会社側にとっても人材確保の重要な要素になっているため、福利厚生のひとつとして無視することができない制度と言えるでしょう。

人材派遣スタッフに前払いのニーズがある理由

では、なぜ会社の人気を左右するほどニーズが高まっているのでしょうか。

「前払い」は、必要な時にすぐにお金が手に入る、急な出費にも対応できる、金欠の時に助かる、など緊急性が高いときに対応できることがメリットとしてとらえられています。例えば、身内が病気になってしまった、歓送迎会やお祝いの席など飲み会の予定が立て続けに入っている、結婚式に呼ばれご祝儀が必要、などのやむを得ない事情の出費が重なることがあります。 そのような、普段以上の出費が予想されるとき「とりあえず直近で使う現金を入手したい!」と誰もが思いますよね。前払い制度であれば、この「今すぐ入手したい」という要望に応えることができます。

また、人材派遣スタッフは「バリバリ仕事をしてしっかり稼ぎたい!」というよりも、「仕事も遊びも充実させたい!」「空いた時間でお小遣い稼ぎをしたい!」という気持ちが強い方が多く、単発勤務や数日勤務希望が多い傾向にあります。そのため、「今週末の旅行費用のために、単発で仕事を入れて現金を用意しておきたい」といった状況が生まれやすく、結果的に月払いよりも使い勝手が良い都度入金が求められるようになるのです。 このように、派遣スタッフならではのニーズから、前払いの需要が高まっていると考えられます。

人材派遣会社が前払いに対応することで得られるメリットとは?

では具体的にどのようなメリットがあるのか考えてみましょう。

求人応募のアップ

前払いや日払いのサービスがあることで、求人の応募数が数倍変わると言われています。やはり好きなタイミングで給与を受け取れることは、人材派遣スタッフにとっては必要不可欠な要素になっているようです。派遣スタッフは何を求めて仕事をしているのか、派遣の仕事をどう活用しようとしているのか、をしっかりと理解したうえで、時代に合ったフレキシブルな対応ができるということは、求人応募数の増加にも影響を及ぼすようです。

派遣スタッフの定着率アップ

自分の好きなタイミングで給与を受け取れること、短期間で報酬を入手でき成果がわかりやすいことは、スタッフのモチベーション向上にも繋がっているようです仕事を前向きに行える環境は仕事を継続しよういう気持ちを引き出してくれるため、結果的に定着率も上がります。人材派遣スタッフがころころと入れ替わることは、採用コストの増加や契約処理などの工数圧迫に繋がるため、定着率の改善が見込める点は、大きな利点と言えるでしょう。

他人材派遣会社に負けないために

前払いは人材派遣会社を選ぶ際の決め手のひとつですが、どの派遣会社でも当たり前になってきているため、他社との差別化を図ることが難しいのが現状です。ただ、他社と比較した際に特別なメリットはないものの、前払い制度がないことで、そもそも比較検討の土台に上がらないという可能性はぐんと高くなります。競争環境を勝ち抜くためにも、必要装備として前払い対応はできるようにしておくほうが得策です。

人材派遣会社が前払いに対応する際のデメリット

このような制度には、良い点ばかりではなく、デメリットももちろん存在します。いくつかご紹介しましょう。

作業工数が増える

前払いに対応するには、派遣会社側での事務処理が発生します。この事務作業を手作業でおこなうとすると、作業工程が非常に多く、工数も膨大ですでは実際に人材派遣会社ではどのように前払いに対応しているのか、対応方法を具体的に見ていきましょう。

まずは、前払いを希望するスタッフのデータを抽出し、毎月の給与額から前払いが可能な額(月々の給与の約7割前後)を算出し事務処理をおこないます。その後、元々設定されている毎月の給料日には、既に支払った金額を除いた給与額を計算して、振り込み処理をおこなう必要があります。スタッフの「すぐにお金が欲しい」というニーズに応えるための前払いシステムですから、これらの事務作業はできるだけ早くおこない、申請から振り込みまでのタイムラグをどれだけ減らすことができるかはとても重要になります。そして、支払い額に影響する作業のため、正確さも求められます。

はやく現金が欲しいスタッフと、作業工数が多くストレスのかかる派遣会社、この双方のジレンマは大きな問題となっていました。前払い対応が当たり前になっている人材派遣会社でさえも、この事務作業を手作業で即日に処理しきることは非常に困難なのです。

工数が増えるが他社との差別化に繋がりにくい

上記で説明したとおり、前払いはあって当然のように求められる時代になっているため、この制度をやめるわけにはいきませんが、人材派遣会社側にとっては非常に負担のかかるシステムになっています。しかし、会社側がこれだけたくさんの工数をかけていても、特出した差別化要件には繋がりにくい状況になるため、苦労対効果が見合わない、と頭を悩ませるケースも少なくありません。

リアルタイム決済ができないため、即時でお金が必要な緊急事態には対応できないケースがある

前払いは、通常当日または翌日に振り込み処理をおこない、その処理の翌日に銀行口座に振り込みされるというのが一般的です。また作業するのは人ですから、そのときの作業量やなんらかのイレギュラー対応などが発生することで、申請から振り込みまでに余計なタイムラグが発生する可能性もあります。そのため、申請があがったその日に振り込みはなかなか難しく、即日対応ができないケースがほとんどなのです

「リアルタイム給与前払24」とは?

このように、良いことばかりではないのが前払いですが、そのデメリットを解消することができる、人材派遣会社向けのおすすめの前払いサービスがあります弊社が提供する人材派遣管理システム「STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)」に搭載されている、「リアルタイム給与前払24」です。

▼一般的な前払いサービス

▼弊社が提供するリアルタイム給与前払24

これは、人材派遣スタッフが前払い申請後、リアルタイム(即時対応)で仮払・振込が決済される画期的なサービスとなっています。 「リアルタイム給与前払24」のおすすめポイントを4つご紹介しましょう。

  ①リアルタイム性

一番の強みは、申請と同時にリアルタイムで銀行口座に振り込みがおこなわれるという点です。当日の振り込み処理ではなく、リアルタイム(即時)での振り込み(着金)です。前払いの申請と同時に、近くにあるコンビニからでもさくっと現金を引き出すことができるため、スタッフにとってはとても便利です。

②業務運用の効率化

「リアルタイム給与前払24」の提供している「STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)」は、人材派遣にまつわるさまざまな業務を管理できるシステムです。そのため、単に前払いにだけ対応するわけではなく、スタッフ情報や契約内容を基幹システムにデータベース化することで、従来の前払いサービスを使った場合に発生する、実績データのダウンロードやデータの編集・取込という煩わしい作業が一切必要なくなりますまた、 仮払分は自動的に給与計算の控除対象となるため、給与日にあらためて計算するといった余計な手間もカットできます。

③圧倒的な低料金

他サービスと比較すると、従来かかるコストの半額〜1/5の料金で運用することができます。人材派遣業界では当たり前化している「前払い」という福利厚生サービスを効率的にしながら、お手頃な価格で利用できます。前払いの場合、振込手数料を派遣スタッフが負担するケースが多いため、「手数料負担が小さいこと」は大きな差別化ポイントにもなります。募集フェーズでもこの点をアピールすれば、より多くの人材派遣スタッフ獲得を目指すことができるでしょう。

④仮払いや前払いのルールを自社で策定

決められた前払いサービスのルール(例えば、手数料の割合など)ではなく、それぞれの人材派遣会社が、ルールや仕組みを自由に設計することができます。

人材派遣管理システム「STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)」

ここからは、「リアルタイム給与前払24」を提供する、弊社の人材派遣管理システム「STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)」について、ご紹介していきます。

「STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)」は、人材派遣業で必要となる、スタッフや派遣先のデータ登録、お仕事のマッチング、勤怠管理や契約書の作成、保険や税金の管理から年末調整の処理まで、すべての作業をこのシステムひとつで完結することができます。 導入いただいているお客様から、どのような点が評価されているかご紹介させていただきます。  

①継続的なブラッシュアップ(品質向上) 

システムのブラッシュアップを日々行っており、人材派遣会社がいかに便利に生産性高く使用できるか、という点を追及しております。初期にリリースされたシステム以降、改修や改善、機能の拡張の回数は、実になんと10,000点以上 にものぼります。人材派遣業界が変化を遂げる中、時代に合わせながら、継続的に利用し続けられるサービスとして提供しております。

②オールインワンパッケージ 

複数のシステムを連携させる必要はなく、人材派遣、請負、紹介の業務管理をワンストップでおこなうことができます。また、受注から会計システムへの橋渡しまでも可能です。圧倒的な時間の短縮から、企業の生産性向上にも効果を発揮するという画期的なシステムです。

③カスタマイズが可能なソフト 

「STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)」は、企業様の要望に合わせたカスタマイズをおこなうことが可能です。利用する企業の状況や課題感、利用目的をヒヤリングしたうえで、最適なプログラム改修の提案までおこないます。

④あんしんのサポート&サービス 

クラウド上でサポート部隊とつながっているので、利用地域に関わらず、どこでも一定品質のサポートを提供いたします。品質向上のためのアンケートも定期的に実施しており、利用者が安心して使えるための企業努力を怠らない点が、多くの利用者から評価されてきました。

さらに詳しい説明をサービスサイトで行っています。図解も入れて分かりやすく説明していますので、ぜひご覧ください。

 

STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)の詳細はこちらからご覧ください

まとめ

今回は、人材派遣スタッフの前払いへのニーズや、対応するためのメリット・デメリットについてご紹介しました。今やなくてはならないものとなった前払いですが、ともすると人材派遣会社にとっては大きな負担となります。

今回ご紹介した「リアルタイム給与前払24」のように、企業の負担を減らしながら、かつ他社との競争に勝つためのシステムを上手に活用して、人材派遣会社にとっても、スタッフにとってもメリットの多い環境を整えましょう。他社よりも一歩リードできる人材派遣会社となるよう、今回の記事を参考にしながら、ぜひシステム導入をご検討ください。