DXこそが人材派遣業の競争で生き残るための唯一の方法

2021年7月29日

スタッフ採用編

  • 新規スタッフのオンライン(非対面非接触)獲得
  • 入社時書類の完全ペーパレス化
  • 持続的にアップデートできるスタッフ情報

 


従来の人材派遣会社では、スタッフを新規採用するにあたっては手書きの応募書類のやり取りや対面での面接が必須であり、採用後は入社時誓約書など紙媒体の書類提出を求め、さらにそれを人材派遣会社の担当者が手入力でシステムに登録する必要がありました。紙の書類は不備や記入漏れ、紛失のリスクと隣り合わせですし、書類を保管するためのスペース確保も必須です。

また、対面での面接は日程調整の煩わしさや面接用スペースの確保、地理的に来社が難しい人材の獲得機会の損失などのデメリットがあっただけでなく、現在のコロナ禍においては来社そのものが感染リスクを高める原因として敬遠されています。

さらに、定期的にスタッフのプロフィールを更新し、最新の情報にアップデートするのも人材派遣における業務の一つですが、その都度手入力していたのでは手間がかかりますし、採用時の書類管理と同様、記入漏れや誤入力などのミスも生じうるでしょう。

人材派遣に関するあらゆる業務を網羅したSTAFF EXPRESSを活用し、DXを実現することで、これらの属人的な業務や人為的なミスは大幅に削減することができます。入社時誓約書等への同意確認はNEO上で完結し、オンラインで保管できるため、記入漏れや書類の紛失、保管スペースの確保といった問題をクリアできますし、求職者はENTRYを通じて応募することで、書類を手書きする必要がなくなり応募のハードルが下がります。

属人的な人材派遣業務がDXによって削減されることで、採用担当者の負荷も軽減し、業務効率が向上、応募から採用までの時間短縮につながるのです。

STAFF EXPRESSでDXを進めれば、面接のためにわざわざ来社する必要もなくなるため、新型コロナウイルス感染予防の観点からも安心ですし、人材派遣会社において必須であった面接用のスペース確保も、DXによって面接をオンライン化することで不要となり、地代家賃のコストダウンまで実現できます。

スタッフ情報のアップデートも、NEO上でスタッフ自ら最新の情報に更新することで、いつでもフレッシュな状態のスタッフ情報が維持されるのです。STAFF EXPRESSを活用し人材派遣業務のDXに取り組めば、スタッフ採用業務はスリム化し、人材派遣会社だけでなく、応募するスタッフの側も快適に仕事に取り組むことができるでしょう。

STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)の詳細はこちらからご覧ください